人気ブログランキング | 話題のタグを見る

残暑。

銚子屋(ちょうしや)のブログへようこそ。

このブログは、新潟県上越市の柿崎区、水野という山あいの集落で、冬場は蕎麦屋、春から秋は棚田で米農家を営む我が家の、日々の記録です。

-------------------

「銚子屋」というのは我が家の昔からの屋号です。日本三大薬師のひとつ米山の登山口に位置する銚子屋は、明治期まで大勢の米山参詣者を迎え入れ、宿を提供する役割を担っておりました。

--------------------

あらためまして

こんにちは。お久しぶりの銚子屋です。

残暑きびしい中、みなさまいかがお過ごしでしょうか。


銚子屋の田んぼは、今、最後の水をかけているところです。


6月下旬から7月上旬にする田の中干しの後は間断かん水(かんだんかんすい)といって、水田の水を張ったり抜いたりを繰り返しています。


「水稲」というくらいですから、稲には水がとても大事。田を干しすぎると、米の味は落ちます。

ただ、水をだらだらとかけ続けると、田の土が柔らかすぎてコンバインが入りませんし、水を時々適度に抜き、根に酸素を触れさせることは強い稲づくりには重要だといいます。


いろんな面から見て、一番ベストの田んぼの状態を保つために、稲刈りまで、水管理に気は抜けません。

どんなに気をつけても、天候にはかなわないのですが。。。

秋の長雨で、計算が狂い、柔らかい田んぼにコンバインが埋まってしまう、、なんて経験、田んぼをやられている方なら一度はありますよね。


今年はどんな秋になるのでしょう。

皆さんの町の田んぼはどんなでしょうか。


写真は一番最後に植えた田んぼの様子。

ここはまだ穂が小さいです。


残暑。_d0178386_15203198.jpg
今日の雲は大きく膨らんでいました。
残暑。_d0178386_15232408.jpg



by cyoushiya | 2020-08-23 12:01